フォト

趣味

2017年8月14日 (月)

8/19(土)上原カップ前夜祭

【前夜祭参加のお誘い】
8月19日(土)18時より「上原カップ前夜祭」を行いますので、どうぞご参加願います。

★前夜祭参加申込>
①メール(山下弘人)rxu00105@nifty.comか、または②工藤学(09031189594)か③北海道将棋会館へ参加のお申込みをお願い致します。
急で申し訳ございませんが、ご参加される方は明日8月15日(火)までにお知らせ下さい。

★また翌日曜日には、例年通り「上原カップ」を催しますので、奮ってご参加下さい。
(事前申込不要)

★ゲスト棋士
中座真七段・大平武洋六段

【前夜祭】
8月19日(土)18時
プレミアホテルCABIN札幌(札幌市中央区南5条西7丁目)
会費4千円

【第八回上原内科クリニック杯将棋大会(上原カップ)】
8月20日(日)10時より
sapporo55ビル(紀伊国屋書店入口・インナースペース)
参加無料

2017年7月 6日 (木)

【11/4・5】将棋の日in札幌(5)

第43回「将棋の日」in札幌

2017年7月6日(木)に第1回実行委員会が開催され、実行委員会規約や
委員の人選、事業計画、予算などが決定致しました。

【委員人事】(敬称略)
委員長:工藤学(日本将棋連盟北海道支部連合会会長)
副委員長:町田隆敏(札幌市副市長)
監事:西村喜憲(公益財団法人札幌生涯学習振興財団理事長)
委員:今井啓二(一般社団法人札幌観光協会専務理事)
委員:鶴井亨(株式会社北海道新聞社取締役事業部長)
委員:長岡豊彦(札幌市教育委員会教育長)
委員:森内俊之(公益社団法人日本将棋連盟専務理事)

【事務局拡大会議】(敬称略)
次いで、実行委員会の決定・指示を受け事務局で細部の打ち合わせを行いました。
事務局長は山根直樹(札幌市教育委員会生涯学習部長)です。

事務局拡大会議には、
工藤学実行委員会委員長
森内俊之委員が出席し、
札幌市(岡本係長、清水主事)、日将連(磯部、千葉)、支部連合会(山下、菊池)の担当者が参加しました。

【主な内容】
2017年11月4日(土)~2017年11月5日(日)の二日間にわたり
①子ども将棋教室、
②小学生~高校生対象の「第2回札幌市長杯将棋大会」、
③指導対局、
④プロ棋士との交流レセプション(前夜祭)、
⑤サイン会、
⑥NHKテレビ収録、⑦次の一手名人戦
⑧駒づくり実演
⑨将棋関連Goodsの即売会
などを行います。

会場は、わくわくホリデーホールや札幌市地下歩行空間「チカホ」など。

参加の多くは「★要:事前申し込み」になります。
札幌市のコールセンターでの電話申し込みか、または、web申し込み。

【ゲスト棋士】(敬称略)
佐藤康光、森内俊之、のほかタイトルホルダーや北海道出身棋士(屋敷、広瀬、中座、野月、石田)、
北海道ゆかりの女流棋士(石高、久津、和田)が有力候補です。まだ決定ではありません。
きっと佐藤天彦名人や鈴木大介八段もいらっしゃるでしょう。
NHKの収録の際の司会進行には鈴木環奈女流も有力。まだ決定ではありません。

【今後のご案内】
北海道新聞、札幌市広報に掲載するほか、札幌市内各学校や児童会館にチラシ配布、
北海道将棋会館での案内、当ブログでもご案内したいと考えております。

続報を待て!

2017年7月 1日 (土)

【7・29-30】青函交流将棋大会

第二回青函交流将棋大会

2017年(平成29年)7月29日(土) 14:00から
2017年(平成29年)7月30日(日) 15:00まで
一泊二日

新松旅館(函館市湯の川2丁目)
29日(土)14時~19時 将棋大会
29日(土)19時~21時 懇親会

シエスタ函館(函館市本町)
30日(日)10時~15時 将棋大会

参加料9000円(小学生以下7000円)

【7/1(土)】藤井聡太戦大盤解説

藤井聡太四段の30連勝なるか!

2017年7月2日(土)13時から大盤解説
<竜王戦本戦トーナメント>

佐々木勇気五段対藤井聡太四段
の一戦を北海道将棋会館でリアルタイムに解説致します。

北海道将棋会館
札幌市中央区南4条西9丁目

入場無料

2017年6月25日 (日)

7/1(土)横山大樹さん祝勝会

日本将棋連盟札幌中央支部の幹事を務める
横山大樹さんが朝日アマ名人戦で勝ち、
朝日アマ名人となりました。

そこで皆でこの偉業を祝福したいと思います。

2017年7月1日(土)
第一部:指導対局13:30-18:00
第二部:ご祝宴 18:30-20:30

ゲストに人気女流棋士の香川愛生女流三段もおいでになります。

第一部の指導対局は、朝日アマ名人の横山大樹さんと
香川愛生女流二段のお二人にお願いしました。

また、第二部は場所を変えて祝宴を執り行います。
どうぞ御参加ください。

第二部は会場準備の都合が御座いますので、参加くださる方は
幹事長滝野沢/支部長山下弘人/連合会会長工藤/のいづれかに
6月28日(水)までにご連絡願います。

メールの方はrxu00105@nifty.com

支部会員以外の方も歓迎です。

多くの皆さまのご参加をお願い申し上げます。

2017年4月 8日 (土)

結果【4/8】詰将棋選手権

第14回詰将棋解答選手権

札幌会場は無事終了致しました。

【初級編】全問正解者
齊藤駿汰 美濃島檜

【一般編】上位三位まで表彰
1位齊藤駿汰
2位松田圭市、中條範広、松倉弘明(同点・同時間)

2017年4月 3日 (月)

【4/15】野月浩貴八段昇段祝賀会

◇野月浩貴新八段:昇段祝賀会◇

◇とき◇2017年4月15日(土)18時より
◇場所◇プレミアホテルCABIN(札幌市中央区南5条西7丁目)
◇会費◇4000円

北海道出身のプロ棋士、野月浩貴先生が素晴らしい戦績を重ねられまして、このたび八段に昇段なさいました。

野月浩貴新八段は、日本将棋連盟札幌中央支部の師範を引き受けて下さっております。

そこで支部で声掛けして昇段の祝賀会を設けたいと思います。
支部会員はもちろんのこと、道内外の野月ファンの方々にご参加いただき盛大にお祝いしたいと考えます。

当日は昇段の一局の大盤解説も予定しております。

どうぞ万障お繰り合わせの上おいで下さいませ。

なお会場準備の都合が御座いますので、4月13日(木)までに参加をお申し出願います。
北海道将棋会館>011-511-8390
工藤学>090-3118-9594
山下弘人>080-1976-7186
山下メール>rxu00105@nifty.com

2017年4月 2日 (日)

将棋の日in札幌(4)

つづきです。

さて、このイベントの主催者は、どなた様なのか、という点にも触れておかなければいけないでしょう。

「将棋の日in札幌」の主催は実行委員会形式になると思います。
と申します根拠は、過去の倉敷市、静岡市の例によります。

倉敷・静岡では、
主催を『将棋の日in〇〇市実行委員会』のようにしていまして、

そうして以下のようなところから共催or後援or協賛を得ます。

〇〇市、〇〇市教育委員会、日本将棋連盟、NHK、日将連〇〇県支部連合会、〇〇市観光協会、〇〇新聞社。
その他、倉敷市では大山康晴記念館や会場となった芸文館を管理している団体その他の関係の公益法人が、静岡市では「〇〇駒作りの会」など。

市のPRを兼ねて、倉敷のデニム、静岡のお茶などの産業関係者にも協力いただいておりました。
---------------
ということで主催は、きっと実行委員会になるでしょう。

実行委員会のメンバーは、共催or後援or協賛各団体からバランスよく集まって頂きます。

たとえば、実行委員の顔ぶれは、〇〇市副市長、日将連理事、NHK〇〇放送局〇〇部長、観光協会常務理事、〇〇新聞社文化部部長、〇〇県支部連合会会長、〇〇財団理事長という感じになると思います。
(倉敷・静岡ではそんな感じでした。)

---------------
日本将棋連盟北海道支部連合会の会長の工藤学氏も、「将棋の日in札幌」の主催の実行委員の一人に選ばれると予想されます。(←私の勝手な予想。まだ決まってません。)

【4/2】指導員試験

公益社団法人日本将棋連盟公認の将棋指導員の資格審査が2017年4月2日(日)北海道将棋会館二階にて行われました。

道内各地から受験者が集いました。

島朗九段が試験監督に来て下さいました。

東京会場や大阪会場と同じように、筆記試験・個別面接が行われ結果は日将連の理事へ報告されます。

受験なさった皆さま、お疲れさまでした。
発表が待ち遠しいですね。合格していると良いのですが。

将棋の日in札幌(3)

2017年11月4日(土)~5日(日)の将棋イベント情報の続きです。

『将棋の日in札幌』はひとつのイベントだけのものではありません。
テレビ収録や前夜祭だけではありません。

【将棋大会】

札幌市が主催側に入ってくださっておりますから、札幌市長杯をこの日に行います。
札幌市長杯は札幌市長の肝いりで始まりました。

2016年度の第一回大会は2017年2月に北海道新聞社本社をお借りして行われました。

小学生(低学年&高学年)、中学生、高校生の4クラスのトーナメントです。
2017年度の第二回大会は、『将棋の日in札幌』に合わせて、11月4日(土)に行います。

会場はワクワクホリデーホール(札幌市民ホール・札幌市中央区北一条西1丁目)の2階貸室を借り切って行います。

おそらく事前予約制になるでしょう。続報にご注意ください。

【指導対局】

プロ棋士が大勢いらっしゃいますから、指導対局もあるはずです。
前回、前々回の倉敷市、静岡市の例では、「プロ棋士+女流棋士」4人~8人の先生方が、各々、3面指~8面指をこなして、アマチュア数十人が指導を受けていました。

これはたぶん無料です。会場はやはりワクワクホリデーの2階になると思います。

【教室、展示】

倉敷市や静岡市では、指導対局の他、初心者向けの教室やミニ講演会(トークショウと言った方がピッタリかな)などもあって、二日間では全部は見切れないほどでした。

倉敷では、大山康晴十五世名人の地元でありますから、ゆかりの品々の展示を行っていて私も興味深く拝見させていただきました。

札幌でもぜひ何かやってみたいですね。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー